子宮頸がん対策には検診が大事

ラブ子普通子宮頸がんワクチン どうする?中川恵一准教授の記事のコンテンツで、子宮頸がんワクチンに対する賛否両論を紹介しました。
 
ワクチンが効果的とはわかっていても、怖いと考える人は多いはずです。
 
上のコンテンツでは「安全な性行為を」と書きましたが、相手のあることなので、自分が気をつけていてもどうにもならないこともあります。
 
そこで、何が大事になってくるかというと・・・

それは
 
子宮頸がん検診
 
ではないでしょうか?
 
薬瓶を持つ女性
 
一般的に、がん検診は40歳を過ぎる頃から勧められていますが、子宮頸がんは20代でも発症するので、若いうちから検診を受けたほうが安心なのです。
 
職場や住んでいる市や町でも検診は行われてるのではないでしょうか。
 
子宮頸がんの検診は「子宮頸部細胞診」と呼ばれています。膣内に綿棒を挿入し、子宮頸部や膣内の粘膜を採取した後、その粘膜を顕微鏡で調べてがん細胞の有無を確認する検査です。
 
痛みはほとんどなく、正診率も90%以上です。
 
 
2013年は2656人の女性が子宮頸がんで亡くなっていますが、子宮頸がんは早期発見すれば治療はしやすく、予後の経過も良好です。
 
ただし自覚症状は少ないので、検診が大事なのです。
 
ワクチン接種については賛否両論あるため判断が難しいですが、検診は間違いなく必要であり、効果的です。
 
「若いからがんの心配はいらない」と考えず、子宮頸がん検診も意識して下さい。
 

同カテゴリの最新記事

同タグの記事

おすすめ記事

こんな記事もあります!

最近の投稿

コメントを残す