こちらのコンテンツで紹介した週刊現代の特集には、熟年・高齢者向けで、かつ女性を絶頂に導きやすい、三つの体位についての記事もありました。

この体位には、以下の共通点があります。

  • 男女ともに寝たままなので負担が少ない
  • 男性・女性の両方がクリトリスを刺激しやすい
  • 二人の顔を近づけられる

性教育者・ドリアン・ソロット、マーシャル・ミラーの両氏が記事で推薦しているのは、以下の三つの体位です。
 
◆十文字交差の体位
・正常位から、男性がそのまま体を真横に倒す 男女の身体が十字に交差する形になる
 
・女性の両脚は男性のお尻あたりにのる
 
・この体位は、女性が男性の体で圧迫されないのでリラックスできる
 
・男性は挿入の深さやスピードをコントロールしやすい
 
・しかも、男性が女性に顔を近づけやすく、親密さをアップさせるのも容易
 
・男女ともに手でクリトリスを刺激しやすい
 
 
◆スプーンの体位
・男性は女性の後ろから挿入
 
・体を密着させた状態で男女ともに横になる
 
・横に並べて立てたスプーンが2本重なっているような形になる
 
・ペニスがGスポットにあたりやすい
 
・エネルギーの消耗が少なく、高齢者にも負担が軽い
 
・男女ともにクリトリスを刺激しやすい
 
 
◆一直線の体位
・正常位から、そのまま男性も体を完全に横たえる
 
・女性の身体の上に男性がうつぶせになるかたち
 
・男性は上半身を女性の身体に密着させ、頭は女性の顔の右側に
 
・体勢が整ったら、女性は体を上に向けて動かし、男性は下に向かって体を動かす
 
・挿入は浅めになるが、ペニスの根元とクリトリスが擦れ合うので、女性はオーガズムに達しやすい
 
 
以上三つとも簡単な体位なので、高齢者だけでなく、若い男性でも「今日はちょっと疲れたな・・・」という時に活用してみてはいかがでしょうか。