男性の更年期障害では疲労感などの症状が出ます

男性更年期障害の兆候や症状 予防法

男性にも更年期はあり、男性ホルモンが減少により発症します。

 

男性の更年期障害は女性のそれに比べると認知度が低いですが、場合によっては深刻な症状を引き起こします。

 

 

男性の更年期が一般に広く知られるようになったのは、漫画家のはらたいらさんが更年期障害を克服する様子がテレビ放映されたことがきっかけです。

 

 

この番組が放映された後、病院には「自分も更年期ではないか」と訪れる男性が急増しました。

 

 

男性更年期障害の兆候には

 

 

・性欲や睡眠時勃起回数の減少
・疲労感、知的活動・認知力の低下
・睡眠障害
・筋力・筋量低下による体重減少
・内臓脂肪の増加
・体毛・皮膚の変化
・骨量減少による骨折リスクの増加

 

 

といったものがあります。

 

 

更年期は、50歳前後の働き盛りの男性発症することが多いため、「なんとなく仕事の疲れが取れない」という自覚症状が一番多いようです。

 

 

長いこと疲れが取れなくても、更年期障害だという発想自体が浮かばないことが多く、また年齢的に責任あるポストについている男性が多いので、つい無理して仕事を続けてしまいがちです。

 

 

「もしかしたら・・・」と感じたら、更年期外来を開いている医院等で相談してみましょう。

 

 

男性の更年期障害は欧米では「LOH症候群」と呼ばれています。

 

 

LOHとは Late Onset Hypogonadism で、加齢男性性腺機能低下症候群 と訳されます。

 

これが日本で言うところの男性更年期障害に当たるわけです。

 

 

日本人は欧米人に比べて更年期障害の進行が遅いと言われています。

 

つまり男性ホルモンが欧米人よりもゆっくり減少するわけで、「男らしさ」も長持ちすると言えるでしょう。

 

 

はらたいらのジタバタ男の更年期

なぜ一流の男は精力が強いのか? 男性ホルモン力を上げれば人生が変わる

男性の更年期対策!男性待望のサプリメント登場!亜鉛とセレン強力コンビ!

 

 

 

 

男性ホルモンの分泌は20代がピークで、40代になると分泌量が極端に減ります。

 

 

男性ホルモンが少なくなるとやる気の低下や、倦怠感・不安感の増加といった症状が現れます。

 

 

東京医科歯科大学の藤田紘一郎名誉教授は更年期障害を防ぐため、男性ホルモンを分泌させるよう日ごろから意識しています。

 

藤田教授によると、男性ホルモンの分泌を出すには4つの条件があります。

 

 

それは食事 飲酒 睡眠 運動の4つです。

 

 

男性ホルモンを作るにはコレステロールが必要なので、藤田教授は週に2回、ステーキを食べます。
ただしその際には野菜もたくさんとっています。

 

 

お酒も適量、一日二合ほどを飲んでいて、それ以上は飲みません。
お酒の飲みすぎと睡眠不足は男性ホルモンの分泌を減らしてしまいます。

 

 

また週に一回、温泉で腕立てと腹筋運動を行っています。

 

 

新シトルリンXLお得な2個セット60日分【送料無料・局留め可能・秘密厳守】

激モテオヤジの男塊MAXお得な2個セット60日分【送料無料・局留対応・秘密厳守】

アームストロング 1箱(10カプセル)

 

エルシーラブコスメティック

昔と比べて「夜の元気がなくなった」と思うことはありますか?

【秘密調査】立ち上れ男子!夜の元気を取戻す方法

男と女のカラダ:絶倫な男になるには?

 

 

 

関連ページ

男女の違い 言語機能とユーモア
男女では言語機能やユーモアを聞いた時の脳の働きが違います
バストに対する認識 男女での違い
バストに対する認識でも男女では違いがあります
デートで相手にしてほしいこと
デート先や飲食店の決定は男性が女性にしてほしいと思っているそうです
異性の体で気になる箇所は?
異性の体でつい目が行ってしまうパーツはどこでしょうか?
女性の性感帯探し方
女性の性欲・性感帯 女性がイキやすくなるコツ
島地勝彦さんの身だしなみなど
男らしい言動とは 島地勝彦さんのスキンケア法など
ホルモンの作用と恋愛 ビーバップハイヒールより
ホルモンは人間のあらゆる行動に関わっていて 恋愛とも大いに関係があるようです テストステロンやパソプレッシンなど

 
メールフォーム 管理人の体験や考え 女性向けリンク 男性向けリンク カップル向けリンク