2015年にアメリカで「女性用バイアグラ」が認可されました。
 
「女性用バイアグラ」認可 米、性的欲求低下治療で初
sankei.com/world/news/150819/wor1508190024-n1.html
 
 
言うまでもありませんが、バイアグラは男性の勃起を促すための薬です。
 
その女性版とはどういう薬でしょうか?

この薬は、女性の性的欲求低下障害を治療するための薬です。
 
薬の名前は「フリバンセリン」で、商品名は「アディ」。
 
 
「性的欲求低下障害」とは、つまり「シたいと思わない」ということですが、日本ではあまり耳にしません。
 
 
アメリカでは問題になっているのでしょうか?
 
 
記事によると、「女性の1割は同障害に悩んでいる」そうで、認可推進派は「女性の性に関する健康にとって大きな前進」と歓迎しているのだそうです。
 
 
しかし薬なので副作用もあります。
 
アルコールを飲む人がこの薬を飲むと血圧の大幅な低下、失神など、かなり深刻な副作用のリスクがあります。。
 
 
日本ではあまりピンときませんが、悩んでいる人もいるでしょう。セックスレスの改善にも役立つはずです。
 
アメリカでは2015年の10月中旬から発売されており、日本でも同成分の輸入品をネットで購入できます。
 

女性用バイアグラ「ラブグラ」コンテンツ