性感を高めるには血流促進が欠かせません

ラブ子普通このサイトでは膣トレや名器など、感度アップの話題を紹介してきましたが、もっと根本的に大事な問題を書いていません。
 
これができてないと、感度も「締まり」も意味がなくなるほど大事なことです。
 
それは・・・

体を温めることです。
 
 
感度をアップさせたり、締まりが良くなる以前に、エッチを楽しむためには健康であることが大前提です。そして女性にとって、身体を冷やさないことは健康維持の大きなポイントになります。
 
健康管理というと、食べ物や運動をすぐ連想しがちです。それはもちろん大事なのですが、身体を温めておくことも地味だけどすごく大切です。
 
身体の冷えはいろんな不調の原因になり、特に女性特有の症状は冷えから起きることが多いのです。
 
免疫力低下、身体のコリ、むくみなど、よく知られてる症状だけじゃなくて、疲れやすくなる、気分も落ち込む、生理中の症状が悪化するなど、悪いことだらけです。
 
低体温は万病のもとなのです。
 
女性医師
 
しかし、現代は体温の低い人が増えています。
 
人間は36.5度から37度くらいの体温なら健康を維持できますが、いまは35度、ひどい人は34度台の人もいるそうです。
 
なぜこれほど体温が下がってるかというと、

・暑い夏でも空調により身体を冷やしている
・砂糖の摂取量が増えた(砂糖は身体を冷やす)
・冷たい飲み物が一年中手に入る
・極端なダイエット志向
・運動不足による筋力低下

など、原因は複数あります。
 
 
最近はテレビや雑誌でも「身体を温めて健康に!」といった特集は多く、情報も増えて関心のある人も多くなりました。
 
芸能人でも、しょうがのチューブを持ち歩いてる人もいるのだとか。
 
それでも、周囲を見ると、日頃から意識している女性はまだ少数派という印象があります。
 
ものすごく大事なことなので、食べ物や生活習慣で身体を冷やしていないか、もう一度チェックしてみましょう。
 
身体が元気じゃないとエッチにも気合が入りません。
 
感度アップと「温め」の関連について、もうひとつお知らせします。

オーガズムのために必要なこと 性器を温める

「オーガズムを得るにはどうすれば良いか」を考える際は、「性器への刺激をどうすれば良いか」ばかりが話題になりがちです。
 
確かにこれは間違いではありません。オーガズムを得るためには、「いかに刺激するか」が最重要と言い切ってもいいでしょう。
 
 
しかし上で紹介したように、女性の感度を高めるために、外せない根本的なポイントは性器(体)を温めることです。
 
「冷え切った関係」というだけでなく、もっと直接的に「冷感症」という言葉があるように、性感アップに「冷え」は禁物です。
 
 
これは別に字面だけの話ではなく、女性器周辺を温めると血行やリンパの流れが良くなって感度が上がるのです。
 
リュイールディープのキャップを取る
リュイールホットで「熱さ」を感じる 女性の性感帯 場所や刺激のしかた
 
クリトリスや陰唇が感じるようになるには充血が必要です。充血するには、温めて血流が促されなくてはいけません。
 
 
「温めて感度アップ」については、セクシャルアカデミーの田辺まりこさんや、ラブセラピストのNaomiさんも主張しています。
 
 
「いかに刺激するか」ばかりを考えがちですが、まずは温めることから入るのも良いのではないでしょうか。
 
温めるには、難しい方法は必要ありません。以下のような簡単な方法でOKです。

・手のひらで包んで温める
・性器周辺のツボを刺激する
・太ももの付け根(股エクボなど)を軽く押す
・お風呂で温める

温めて血流を良くすると、膣内部の感度も上がります。
 
 
いつもやっているエッチの前に、まずは「温める」手順を加えてみて下さい。性感の高まりが普段よりも速くなるでしょう。
 

深い呼吸で体を温める

体を温めるには、運動やお風呂が定番ですが、それよりもずっと手軽な方法があります。
 
それは、深い呼吸をすること。
 
 
もちろん、ちゃんとした根拠があります。
 
深い呼吸をすると、身体がリラックスして、副交感神経が優位になります。すると、血管が弛緩して、血流が促されます。
 
 
緊張状態で優位になる交感神経は、血管を収縮させます。血管が縮むわけで、血液が流れにくくなってしまいます。
 
体を温めるためには、交感神経が優位になるのは好ましくないのです。
 
 
そして深い呼吸は内蔵を動かします。内蔵が運動すると、血液も動きます。(もちろん、お通じにも効果あり)
 
 
「ZEN呼吸」を提唱している椎名由紀さんは、以前は頭痛や肩こりといったトラブルに長年悩まされていました。
 
病院に行っても治りませんでしたが、深く長い複式呼吸を習慣にしたところ、少しずつこれらの不調が消えていきました。
 
笑顔の女性
 
現代はとかくストレスが多いため、交感神経が優位になりがちです。血流が滞って、冷えやすい傾向にあるのです。
 
運動やお風呂、ショウガもいいですが、それらに加えて深い呼吸も試してみて下さい。
 
女性特有の身体の不調が改善するのではないでしょうか。

 

同カテゴリの最新記事

同タグの記事

おすすめ記事

こんな記事もあります!

最近の投稿

コメントを残す