ラブ子普通ネットや雑誌でエッチ関連の記事を読むと、
 
本当は感じてないけど、感じる演技をする
彼氏が頑張ってくれるので、イッたフリをする

 
という話題を時々目にします。
 
 
程度の差こそあれ、女性なら演技した経験が一度はあるのではないでしょうか?

しかし、以前週刊誌を読んでいたら、セクシータレントの瑠川リナさんが
 
演技はダメですよ!
 
と書かかれていました。

その記事は、読者からの質問に瑠川さんが答えるコーナーで、投稿した女性は

私はイキにくい体質で、エッチのたびに演技しています。最近は演技するのが面倒になって、エッチ自体が嫌になってきています。
 
それでも、彼氏が頑張ってくれたらイッた演技をするべきでしょうか?

という主旨の質問をしていました。
 
エッチ中のカップル
 
これに対する瑠川さんの答えは
 
「演技はダメですよ!」
 
でした。
 
 
その理由として、まず彼氏に失礼であること、そして演技をするということは、
 
エッチに対して冷めてしまっている
 
からなのだとか。
 
 
ちょっと考えてみて下さい。
 
当たり前ですが、感じる反応(あえぎ声とかオーガズム)は、気持ちいい感覚があるから起きるものです。
 
同じような例として、
 
・笑うのは、面白い、楽しい感覚から
・泣くのは、哀しい、時にはうれしい感覚から

 
起きるものです。
 
 
なので、気持ちよくないのに感じたフリをするのは、
 
面白くないのに笑う→ 愛想笑い
哀しくないのに泣く→ 嘘泣き

 
みたいなもの、というわけです。
 
どっちも冷めた反応です。実は、
 
「全然面白くないんだけど・・・」
「(打算で)ここで泣いておけば・・・」

 
なんて思ってたりして。
 
カップル男性が後ろから女性はやや不機嫌?
 
瑠川さんは「そんな冷めた感覚でいたら、本当にイケなくなっちゃいますよ」と回答されています。
 
もちろん、エッチで演技をしてる女性に悪気はありませんし、ほとんどのケースではここまで深刻になる必要もないでしょう。
 
とはいえ、あまりにも演技ばかりで、実際は全然感じてないってのはいかがなものでしょうか。
 
面白くもないのに笑う、哀しくないのに泣くってのはイヤですよね。
 
 
瑠川さんも、

「(演技するくらいなら)本当にイケるように彼と一緒に頑張るべきですよ。それで本当にイケるようになったら、そのときの喜びといったらないと思いますよ」

としています。
 
ラブ子にっこりこのサイトを読んで下さる女性で、「演技ばっかりしてるかも・・・」という自覚があったら、一度演技をやめてみてはいかがでしょうか。
 
そもそも、「感じなければいけない(おかしい)」と考える必要はないはずです。
 
いまでは、ひとりエッチなんて言葉があるように、感じるところを自分で探すのは当たり前になりました。その感じるところを、彼氏に伝えてみては?
 
あるいは、いつもと違うエッチをしてみたり。
 
少しくらいなら演技もいいですが、どうせならホントに感じたほうがいいですよね?
 
彼氏さんといろいろコミュニケーションをとってはいかがでしょうか。