ラブ子普通少し前に話題になった「膣トレ」は「骨盤底筋」を鍛える動作です。
 
膣トレで骨盤底筋が鍛えられると、
 
・”締まり”がよくなる
・感度が上がる
・下半身が引き締まる
・尿もれの予防・改善ができる

 
など、女性にとってうれしい効果がいくつも期待できるのです。
 
インナーボールを手に持つ
※画像はラブコスメさんの膣トレアイテム「インナーボール」です
 
実はこの骨盤底筋を鍛えると、男性にもうれしい効果があるのはご存じでしょうか?
 
その具体的なやり方や、どんな効果があるのかをまとめています。
 
(このコンテンツは雑誌週刊新潮 2018年5/10号(Amazon)56~59ページおよび「老いない性ライフ」129~137ページを参考にしています)
 

老いない性ライフ(Amazon)


 

骨盤底筋はどこにある?自分で確認可能

ラブ子普通そもそも、骨盤底筋はどこにあるのでしょうか?実は自分で確認することができます。
 
骨盤底筋は骨盤の底、つまり恥骨から尾骨をつなぐ筋肉の集合体です。自転車に乗った時サドルが当たる部分で、下から見ると三角形をしています。
 
触ることでも確認できます。
 
肛門と陰嚢(女性では膣口)を結ぶ、会陰とよばれるラインを指で触ってみて下さい。その状態で肛門を締めると、ピクッと動くのが骨盤底筋です。
 
ここを鍛えるわけですね。
 

男性が骨盤底筋を鍛えるには トレーニングやり方

ラブ子普通男性が骨盤底筋を鍛えるのはとても簡単です。
 
肛門をキュッと締める動作を行えばOKです。ちなみにこの動作を女性が行えば、そのまま膣トレになります。
 
「週刊新潮」の記事では、このようなやり方が紹介されていました。

お尻の穴をキュッと締め、5秒数えたら緩める。その10回繰り返しを朝夕に行う。

「老いない性ライフ」では、「仰向け」と「椅子に座って」「立って」の三つのやり方が解説されています。

仰向けになって行う場合は、足を肩幅に開いて、膝を立て、お腹に両手をあてて力が入っていないことを確認します。
 
5秒間だけ肛門を締めて停止し、5秒かけてゆるめる動作を10回続けて行います。
 
これを1セットとして毎日3回実施します。

次に椅子に座って、および立ってのやり方を。

椅子に座って行う場合は、背筋を伸ばして椅子に腰かけ、足を肩幅に開きます。
 
立ったままの場合は、背筋を伸ばして足を肩幅に開いて直立し、手を机や壁につきます。
 
それぞれ仰向けの場合と同様に、お腹に力を入れないで、5秒間の肛門締めつけと5秒かけてゆるめる動作を10回続けます。これを毎日3回実施します。

ラブ子普通椅子に座っての動作はデスクワークの合間にできますし、立った状態なら電車通勤の最中にも実践できますね。
 
人には絶対にわからない動作なので、その他の機会でも心がけ次第でできそうです。
 
ちょっとした時間を見つけてやってみてはいかがでしょうか。
 
次にこうしたトレーニングを行うことで、どんな効果があるのかを紹介します。

効果1 前立腺肥大症の尿意軽減に

お尻の穴を締める動作は、前立腺肥大症による強い尿意の改善にも貢献してくれます。新潮の記事から。

お尻の穴をキュッと締め、5秒数えたら緩める。その10回繰り返しを朝夕に行う。
 
お尻の穴を締めると、膀胱の排尿筋のストレッチになる。その効果で、頻尿や尿意の切迫感が改善することがあります。

前立腺肥大症で尿意が強くなるのはよくある症状で、薬による治療などで対処します。
 
それに加えてこの運動を行えば、尿意軽減にさらに貢献してくれるでしょう。
 
尿意でお悩みなら試してみてはいかがでしょうか。


効果2 勃起力の維持と射精コントロール

「老いない性ライフ」では骨盤底筋を「セックス筋」と呼んでいて、そのトレーニングの効果についてこのように解説されています。

男性においては、セックス筋が収縮・弛緩の持続的な運動をすれば、ペニスの血管に血液が流入して勃起し、同時にペニスの根元を手前に引っ張り上げて、ペニスを直立させます。
 
前立腺の中には射精管通っていますから、筋肉運動で射精管から勢いよく精液が分泌(射精)されます。まさにセックス筋と呼ばれる理由です。
 
下腹部に力を入れることで、排尿を途中で止められるのも本筋肉だけがなせる「離れ技」です。排尿が止められるのですから射精も直前で止めることができます。
 
このため、セックス筋の筋力が持続すれば、そそり立つ勃起が維持できて、射精をコントロールすることで極限のオーガズムを長時間味わうことが可能です。

ラブ子にっこり男性にとってはかなりうれしい効果ではありませんか?
 
二村ヒトシさんが「中高年男性はお尻を締めろ!」と主張されていたのも納得ですね。(別コンテンツで紹介しています。下の関連記事をご覧ください)
 
「最近元気がなくなり気味かも」と感じるなら、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。