セックスにおいて、男女両方から聞かれる不満のひとつに
 
自分がせめて欲しいところ(=気持ちいい所・性感帯)を相手がせめてくれない
 
があります。

女性から聞かれる
 
「おっぱいが感じるのに、彼氏はおっぱいにはちょっと触るだけ」
「彼氏がクンニしてくれない」
 
や、男性であれば
 
「エッチの時の彼女の反応がイマイチ」
「彼女がフェラしてくれない」
 
といった不満ですね。
 
(余談ですが、おっぱい星人の管理人としては、おっぱいをせめないなんてのはありえません!)
 
要は、自分が感じる場所をせめて欲しい、と相手に伝えればいいのですが、
 
「○○をせめて欲しい」とは、なかなか言えないのではありませんか?
 
これは男女関係ないように思えます。
 
不満げな女性 ベッドの上
 
例えば、「フェラして」と躊躇なく女性に言える男性はどれくらいいるでしょうか?
 
また、「おっぱいせめて」など、自分がやって欲しいことを、男性にサクッと伝えられる女性は果たして何割ほどでしょうか。
 
おそらくいずれも少数派であり、「やってほしいんだけど・・・」と思いながらも、言葉をのんでいるケースが多いはずです。
 
当サイトでも「セックスではコミュニケーションが大事」などと偉そうなことを書いていますが、実際にはなかなか口にできないもの。
 
そんな時は、「ラブシロップ」を使ってみてはどうでしょうか。
 
ラブシロップ
 
ラブシロップはエルシーラブコスメティックさんが販売しているローションですが、食品です。
 
食べられるので、賞味期限があります。
 
このラブシロップを、自分がせめて欲しい場所に塗るのです。
 
言葉で言う代わりにシロップを塗って舐めてもらって、自分の希望する場所をオーラルで攻めてもらうわけです。
 
ラブシロップにはメープルシロップの味と香りがあるので、オーラルの(特に女性の)抵抗感を少なくしてくれます。
 
LCさんのサイトには、フェラが苦手だった女性が、ラブシロップを使った体験談が寄せられています。
 
男の人のあれを間近に見るだけでも恥ずかしいし、舐めるって抵抗があって・・・
元々フェラが苦手だった私。して欲しいと言われれば仕方無く、という感じで・・・
 
クンニしてほしい女性であれば、クリトリスにシロップを塗るわけです。
 
ひとりエッチで開発した、自分の気持ちいい場所に塗って、早速せめてもらうのもよいでしょう。
 
ラブシロップは、口にできない自分の希望を相手に伝えてる助けになってくれます。
 
ラブシロップ せめて欲しい箇所に オーラルセックスをより楽しく
性感帯に塗りたいラブシロップ


 
当コンテンツの内容はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。 個人差がありますのでご注意ください。
 
※このページはLCLOVE COSMETIC のアフィリエイトページです。当ページで販売は行っておりません。お支払方法や送料などは、上記リンクでお確かめ下さい。
 
このページはエルシーラブコスメティック(LC)の画像・文章を許可を得て複製・転載しております。無断で複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じております。
 
Copyright:(C)LCLOVE COSMETIC All Rights Reserved