ラブ子がっかりここで紹介する口コミは、正確には”セックスレス体験談”とはいえないかもしれません。
 
というのもこのカップルには行為はあったからです。(口コミでは「セックスレス」という言葉が使われていますが)
 
しかし残念なのは、そのセックスがマンネリであり、投稿した「まるこ」さんによると

毎回、無言で淡白で早急なセックスがまるで愛されていないようで悲しかった

という、残念なものでした。
 
いかに行為があるといっても義務的で機械的なものでは、それはもしかしたらレス状態よりも悪いかもしれません。
 
そこでこのコンテンツで紹介することにしました。
 
不満げな女性 ベッドの上
 
この女性はこの寂しい性生活に長く悩んでいて、ある日ついにその不満が爆発してしまいます。

エッチのあとに不満が大爆発し、別れるか別れないかまで彼にせまり、優しい彼を困惑させました。

男性を攻撃してしまった女性ですが、LCさんのサイトにあった、とあるコンテンツを読んだところ「自分にもやるべきこと、必要なことがあった」と気づきます。
 
その「気づき」の一環として、女性は「スカイワラビー」を持って、男性を「昼エッチ」に誘います。
 
スカイワラビー
 
そして女性は「必要なこと」を実践します。
その「必要なこと」とは・・・

わかったのです。『自分のしてほしいことを素直にいわなあかん』と。
 
久々に昼エッチにさそいました。お守りに使い慣れたスカイワラビーを持って(笑)(中略)こんな甘い言葉をささやかれるようなセックスがしたいというのを伝えました。

その結果・・・

イキそうになったとき、『かわいいよ』と何年かぶりに、何度も言われ、初めて演技じゃないイクを経験することができました。
 
感じる私をみて、息づかいが荒く『フーンフーン』と久々に興奮している彼を見れました。『もうあかん』って言っても、何回もいかされました。
 
(中略)
 
一週間前の修羅場はどこへやら…バイブの気持ちよさのおかげで大胆になれ、彼に言いたいことを言えるようになりました。
 
カップルとしての危機を救ってくれてありがとうございました。

ラブ子にっこり当サイトの別コンテンツで似たようなことを書いていますが、男女の関係では「察してほしい」という考えはイマイチ良くない結果を招くこと、多くないですか?
 
特にエッチに関することは恥ずかしさもあり、なかなか本音を言えないもの。
 
しかしこの口コミからもわかるように、して欲しいことを口にするだけで関係が劇的に好転することがあるのです。
 
何かしら伝えたいことがあるなら、少しずつでも相手に伝えてみてはいかがでしょうか。
 
下記リンク先のラブコスメさんのサイトに寄せられている口コミなども参考にしてみて下さい。



 
当コンテンツの内容はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。 個人差がありますのでご注意ください。
 
※このページはLCLOVE COSMETIC のアフィリエイトページです。当ページで販売は行っておりません。お支払方法や送料などは、上記リンクでお確かめ下さい。
 
このページはエルシーラブコスメティック(LC)の画像・文章を許可を得て複製・転載しております。無断で複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じております。
 
Copyright:(C)LCLOVE COSMETIC All Rights Reserved