悩み 辛い思いもしますが 異性との交際を止める気はありません

管理人の考え 異性との交際は悩み続きですが

管理人の場合、女性をデートに誘うのはなかなかに決心がいる一大事です。

 

まず連絡先を聞くまでに悶々としますし、それから「どっか行こうか?」とデートに誘うとなると、さらにまた何だかんだと葛藤が続きます。

 

 

私は女性の連絡先をサクッと聞けて、デートにもあっさり誘えるタイプの男ではないのです。

 

ラッキーなことに相手の女性がデートをOKしてくれたとしても、「ヤッター!」と喜び一色になるとかというと、決してそんなことはありません。

 

 

うれしいのは間違いないのですが、むしろデートの当日まで悩む時間のほうが長くなります。

 

 

「ドタキャンされるんじゃないか」
「すっぽかされるんじゃないか」
「実は男や友達がついてきたりして」
「実は彼氏がいる?」
「もらったメールの(笑)ってのが気になるなぁ」

 

 

などなど、実にいろいろな懸念が沸いてきます。

 

良いほうの妄想も膨らみますが、頭を支配するのはだいたいはネガティブなことです。

 

モテたい男女のリアル恋愛白書 アドベンチャー恋愛ブックス
モテたい男女のリアル恋愛白書 アドベンチャー恋愛ブックス

 

どうみても一人相撲であり、第三者から見れば滑稽かもしれないです。

 

人によっては「何をウジウジやってんだ!」とバカにされるでしょう。

 

 

しかしこれまでの辛い経験からくるのでどうしようもないのです。

 

 

それで何が言いたいのかというと、私のようなオッサンでもいまだにしょーもないことでこれだけ悩むのです。

 

もしかしたら、このテの悩みに年齢は関係ないのかもしれません。

 

 

私より若い人たちが恋愛で悩むのは当たり前、ということです。

 

 

もしもあなたがこうしたことで悩んでいるなら、それは決してあなただけではありません。
少なくとも私はいつまでもウジウジと悩み、悶々とします。

 

 

年をとったいま、昔よりは心を悩みに支配される割合は少なくなりましたが、今後も無くなることはないでしょう。

 

最強デート戦略
最強デート戦略

 

そして女性とのデートを終えてからも葛藤は続きます。

 

トシをとって精神的にも少しは安定し、経験も積んだ分、デート中にキョドることはさすがにほとんど無くなりましたが、デート後の葛藤はいまもあります。

 

 

「あんなことは言うべきじゃなかったかな」
「あの言葉はどういう意味だったんだろ?」
「そもそも、嫌いな相手ならデートの誘いに乗らないだろ」

 

 

などなどですね。

 

相手の言葉をやたら深読みし、ネガティブ方向へ勝手に暴走していくのはデート前と同じです。

 

 

自分が何らかの引け目を感じている場合、暴走の度合いはひどくなります。

 

ここでも一人相撲でひたすら悩むケースが多く、「失敗したかな?」と悶々とするものです。

 

 

アラばかり気になって、何やかやと考えを巡らしたあげく、今回のデートはうまくいかなかったかな・・・と落ち込んでも、それらを顔に出すわけにはいきません。

 

 

周囲の人々に対して、

 

 

・口数を減らしてもいけない
・不機嫌になってはダメ
・笑顔を忘れちゃいけない
・あたりちらすなどもっての他

 

 

なのです。
(一人相撲とはいえ)実に辛いですが、ひたすら耐え、飲み込んでいくしかないのです。

 

 

信頼できる友人がいるなら、相談できればかなり楽になります。

 

 

若い頃はほとんど「人生の終わり」ばりに落ち込んでいましたが、最近は落ち込みの度合い・時間がだいぶ小さくなり、一晩寝ればほぼ回復します。

 

 

女性をデートに誘うとなると、その前の過程から悩みが尽きないわけです。

 

デートの心理学
デートの心理学

 

こう考えてくると、女性をデートに誘い、実際にデートし、その後の過程まで悩みばかりが多いように思えてきます。

 

 

しかし管理人は・・・

 

 

「いいなぁ」と思った女性をデートに誘うことはやめません!(断言)

 

 

なぜなら、女性との交際は自分自身を高められる機会だからです。

 

 

忘れもしません。
初めて女性と付き合った時は、

 

 

・ドライブルートを覚えた
・おしゃれな店の場所をチェックして覚えた
・テーブルマナーを勉強した
・会話での話題を増やそうといろんなことを吸収した
・体を鍛えた

 

 

・・・などなど、自分に足りないものを身につけようと貪欲になりました。
「もっとイイ男になろう」と努力したのです。

 

 

女性と付き合っていなければ、こんな意識は持ち得なかったでしょう。
確かにあれこれ悩み、悶々とします。

 

 

しかし恋愛に限らず、真剣に悩んだ後は以前よりも強くなりませんか?

 

私は何度も経験しています。

 

 

仮に相手との交際がうまくいかずに落ち込んでも、それまでの悩みや辛い思いはあなたのメンタルを確実に鍛えています。

 

 

そしてその辛い気持ちを他人のせいにしたり、後ろ向きの行動のエネルギーに変えていてはダメです。

 

あなたを高める向上心に変えなくてはいけません。

 

 

 

管理人は全くモテませんが、「おっ!イイなぁ」と感じた女性にはなにがしかのアクションを必ず起こしています。

 

 

フラれることが多かったですが、ネガティブになったり、恨みがましい言動は一切していないつもりです。

 

警告!これを読む前に女性とデートをしてはいけません!初デートで失敗しないための8つのルール。10分で読めるシリーズ
警告!これを読む前に女性とデートをしてはいけません!初デートで失敗しないための8つのルール。10分で読めるシリーズ

 

辛い経験を生かして強くなり、自分を高めたおかげか、楽しく交際できた経験もあります。

 

 

結論としては、女性(というか異性)をデートに誘うのは、心がけ次第で自分にとって良い結果しかもたらさない、ということです。

 

 

バレンタインやホワイトデーといったイベント、あるいは春になって新しい生活では新しい出会いや交際が始まるチャンスです。

 

 

意中の人がいるあなたは、ぜひ何らかのアクションを起こしてみてください。

 

 


マメな男はもてると信じて、毎日気に入った女性にメールを送るとまず、嫌われます・・・

なぜなら・・・続きはこちら

 

 

 

 


 


 

コンドームを購入する

LCラブコスメへAmazonへ楽天市場へ

 

「モテ期はあるのか?」「結婚相手を見極めるポイント」など

「彼女をじらすテクニック」「女性を初ホテルに誘う時」など

「色っぽいと言われるには?」「ヒミツの部分のお手入れ」など

「言葉責めはHを盛り上げる?」「キスマークを最も早く消す方法」など

恋愛に対する管理人の考えや情報商材の感想・レビュー

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)7つの特典付きで作りました

 

関連ページ

長続きするカップルの条件
カップルの関係が長続きするにはどんな要素が必要なのでしょうか
フィーリングが合う人の見つけ方
恋愛や結婚に関わる心理や意識などをまとめています
脈アリかどうか確かめる方法
異性が自分に脈アリかどうかわかる方法
異性・夫からの傷つく言葉
異性から言われたり 夫から言われたら傷つく言葉
男女の距離とふれあいの12段階
二人の距離によって名前がついています
絶対嫌われる特徴・しぐさ
男女問わず 嫌われる人の仕草 動作をまとめています
離婚の話題あれこれ
病気の発症が離婚のきっかけになることもあるそうです
タブー(?)の話題や婚活プロフィール
婚活プロフィールに「書かないほうが良い」趣味や初デートで禁物の話題があるそうです
恋愛に役立つ技術 料理 反応は?
料理を作ってくれた人へのリアクションの参考になりそうなコピペ紹介
結婚できる・できない男など
結婚できる・できない男のそれぞれの特徴などをまとめています
告白・結婚に関するアンケート
恋愛や結婚に関わる心理や意識などをまとめています
ドォーモのモテ活 恋愛常識
恋愛におけるモテテクなど
恋愛における脳の働き Tarzanの記事
恋愛における脳の働き 雑誌Tarzanの記事をまとめて紹介します
百田尚樹さん 告白しないことには始まらない
告白してフラれると どうしても落ちこんでしまうもの 百田さんの考え方は?恋愛のアドバイスも

 
メールフォーム 管理人の体験や考え 女性向けリンク 男性向けリンク カップル向けリンク