話題の豊富な人は 例外なくいろんな体験をしている人ではないでしょうか

話題を増やす 会話が上手くなるコツや心がけ

恋愛において、コミュニケーション能力はとても大事です。

 

 

言い換えるなら、(異性との)会話力ですね。

 

異性との交際がうまくいくかどうかでは会話力の優劣で決まると言えるかもしれません。

 

 

あまりしゃべらなくとも上手くいくケースはもちろんありますが、会話が上手くて損することはありません。

 

(嘘やいい加減な話をペラペラしゃべってはダメですが)

 

 

恋愛云々を抜きにしても、コミュ力が上がると人生が楽しくなるのは間違いないですし。

 

 

・・・などと偉そうなことを書いていますが、管理人自身は別に会話の達人というわけではありません。
よくて人並み、といったところでしょう。

 

 

実を言うと、昔は人と話すのは苦手だったのです。

 

会話が弾むのは、どっち!? - 今すぐ身につく、使えるテクニック33 -
会話が弾むのは、どっち!? - 今すぐ身につく、使えるテクニック33 -

 

しかし、自分なりの工夫と、会話が上手い人の観察・模倣を長いこと続けたおかげで、だいぶ改善されました。

 

今では苦手意識はありませんし、楽しさも感じています。

 

 

会話が「上手くなった」とは言えませんが、「楽になった」とは間違いなく言えると思うのです。
(あくまで主観的な話ですけど)

 

 

このコンテンツでは、会話上達のため、私の考えや気付いたポイントをまとめてみました。

 

 

興味とお時間のある方はお読み頂ければありがたいです。

 

 

 

会話をするうえで、一番の悩みは「ネタがない」ことではないでしょうか。

 

 

「何を話せばいいかわからない」と困った経験は、誰でも一度はあるはずです。

 

会話の持ちネタが多いほど、「話題が無いなぁ・・・」とアセる場面は少なくなります。

 

 

それでは、会話のネタはどうすれば増えるのでしょうか?

 

 

 

私としては、話題が豊富な人とは

 

体験が豊富な人

 

だと考えています。

 

 

いろいろ体験している人は、総じて話題が豊富で、話も面白いものです。

 

なぜ、あなたの話はつまらないのか?
なぜ、あなたの話はつまらないのか?

 

「会話のネタ」=「情報」であることを考えると、

 

ネット 本・雑誌 テレビ ラジオ 

 

といった媒体を見聞きするだけでもOK、と言えそうですが、個人的には、これらを読んだり聞いたりするより、何かを体験するほうをおすすめします。

 

 

体験談はその人しか知らないオリジナルなので、聞く人の興味をひきやすいのです。
「すべらない話」も、体験談が圧倒的に多いですよね。

 

 

2014年8月、私は「ハリウッド版ゴジラ」をシネコンで観ました。

 

「ゴジラ」は大変面白く、それ自体もよい体験だったのですが、それよりもさらにインパクトのある出来事がありました。

 

 

その日は、「るろうに剣心 京都大火編」の上映初日でもあり、シネコンは大混雑していました。

 

 

人気のある作品だとは知っていましたが、これほどとは・・・と驚いていたら、シネコンから

 

「○時○分上映分の『るろうに剣心』は、満席になりましたのでチケットの販売を終了いたします」

 

とアナウンスがあったのです。

 

 

頻繁に利用しているシネコンだったのですが、「満席でチケット売り切れ」のアナウンスを聞いたのは初めてでした。
これにはかなりびっくりしました。

 

 

「ゴジラ」や「るろうに剣心」の情報をネットやテレビから得るのではなく、実際に映画館に足を運んだからできた体験です。

 

 

この体験は、映画、ゴジラ、るろうに剣心、佐藤健さん、藤原竜也さんといった話題の会話ではネタとして使えるでしょう。

 

 

「ゴジラを映画館に観に行く」というひとつの体験だけで、いくつもの話題に対応できるわけです。

 

GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組
GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組

 

それに、自分が体験したことはなかなか忘れません。

 

テレビや本で見聞きした内容は、その場では印象が強くても、三日もすれば忘れてしまいませんか?

 

 

その点、体験したことは、いつまでも覚えています。
何十年も前にこんなことがあってね・・・なんて話も珍しくありません。

 

 

「ウケる」体験談であれば、何回も、何十年も使ってしまいましょう。
(相手を選ばないとダメですが)

 

 

体験することをおすすめする理由がもうひとつあります。

 

それは、

 

体験しないと失敗しない

 

からです。

 

もちろん、誰かが亡くなってしまったとか、大けがしたとか、深刻な失敗はダメですが、いわゆる「ズッコケ」系の失敗ネタは、安心して他人に話せます。

 

 

つまり、自分の失敗をネタにするのです。
ネットやテレビを見てわかった気になるだけでは、失敗しません。

 

 

先の例で、もしも私が「るろうに剣心」を観に行っていたらどうでしょうか?

 

「満席でチケット取れなかったよ〜」という失敗談がネタになります。

 

伝え方が9割
伝え方が9割

 

別の回を予約してその日に観たとか、日を改めてようやく観られた、など、実際に観るところまで話題は続きますし、もちろん作品そのものの話もできます。

 

これも、体験して失敗したからこそです。

 

 

積極的に失敗する必要はありませんが、失敗を恐れて何もしないのでは、話題は増えません。

 

 

当サイトの趣旨としては、気になる異性との会話を盛り上げるのがねらいですから、その異性に関連する何かを体験するのがおすすめです。

 

とりあえず、相手が好きな・・・

 

趣味 音楽 食べ物

 

あたりを体験してみてはどうでしょうか。

 

 

付け焼刃の体験ではいわゆる「にわか」なわけですが、実際にやっておけば話は膨らむものです。
失敗したら、もちろんそれがネタになりますしね。

 

 

「相手に次回会った時、これを話そう!」と意識しながら体験すれば、記憶の定着率はさらにアップします。

 

 

 

ところで、「体験しましょう」というと、週末などに時間をとってわざわざどこかに出かけて、というイメージがありますが、実は心がけ次第で、日常生活でも新しく体験できることは意外と多いものです。

 

 

ここでの「心がけ」とは、

 

「ネタはないかな?」と周囲に興味を向ける

 

意識です。

 

40代から妻と仲良くなる7つの習慣 男女が幸せになるストーリー3部作

夫婦がより仲良くなる7つの習慣 男女が幸せになるストーリー3部作

愛を伝える5つの方法

最愛のパートナーと出会う魔法の言葉

 

例えば、誰にでも使える話題の定番、天気・気候の話になったとします。
ここで、周囲に興味が向いていれば、

 

すごく寒い日なら・・・

 

「水たまりの氷で子供が遊んでましたよ」
「久しぶりに霜柱を踏みました」
「この寒いのに、小学生は半そで・半ズボンで走り回ってるんですねぇ」

 

・・・といった話ができますし、

 

 

すごく暑い日なら・・・

 

「朝から○○ゼミが鳴いてました」
「朝顔がキレイに咲いてましたよ」
「ゴーヤの日よけがいい仕事してます」

 

・・・といった受け答えができます。

 

 

「寒い(暑い)ですねぇ」に対し、「そうですねぇ」で終わるよりは、ずっと会話が続くように思えるのですが、いかがでしょうか。

 

 

こう考えると、自分の意識次第で、話のネタは日常生活の中にいくらでも見つけられる気がしませんか?

 

話題を増やすための体験は、日々の生活でも意外とできるのです。

 

 

ここまでをまとめると、会話上達に最も勧められないのは、自室に閉じこもっていることかもしれません。

 

 

文字どおり話のタネに、いろいろ体験してみてはいかがでしょうか。
成功しても、失敗しても「おいしい」わけですし。

 

 

↓↓↓1000円です!本を買うよりお得!

合コンやデートで女性を一気に盛り上げ、釘付けにする【ネタ100選】

 

 

次ページに続きます。

 

 

 

関連ページ

マナー違反と指摘された私の行動
女性との食事中 腕時計を見るのはマナー違反と指摘されました
恋愛で大事なこと 管理人の考え
とにかく誘ってみるのが大事では?女性を食事に誘う際のポイント
女を夢中にさせる会話術 レビュー
恋愛会話情報商材 「女を夢中にさせる会話術 The Power Word」読んでみました
食事でのマナー 管理人の独断
食事中の振る舞いは異性を評価する大きな要素です 相手に不快感を与えないポイントをまとめました
スローセックスDVD Gスポットの正確な場所
このDVDにはGスポットの正確な場所や愛撫法が解説されています
貧乏でも結婚できる?
私の親戚は貧乏でも結婚はできるといいますが
最も手軽に話題を増やすには 日常生活では
日頃のちょっとした変化でも話題のネタになるものです 話せば話すほど会話上手に
会話での注意点
管理人も会話は苦手でしたが話し続けることで少しはしゃべりが楽になりました
彼氏がいる女性を好きになってしまったら
彼氏がいる女性を自分の彼女にするのはかなり大変です それでもあきらめきれないなら 管理人が考えるポイントは
彼氏がいる女性を好きになってしまったら2
彼氏のいる女性と交際をスタートできる確率は極めて低いですが こんなケースならもしかしたら?
恋愛以外に熱中していることがある女性なら
仕事や趣味など恋愛の他に熱中しているものがある女性には 彼氏の存在はあまり大きくないかも
管理人のおすすめ 学生時代に恋人を
知った風なことを書きますが パートナーを見つけるなら学生時代が絶対おすすめです 社会人になって恋愛を始めるのは大変です
学生時代に交際相手ができなくても これだけは
管理人は学生時代に(人生の)パートナーを作っておくべきだと考えています お金に対する考え方・価値観を判断する場面
告白は必要か?
「告白」は日本だけの風習なのだそうで 「つきあって下さい」を
「貧乏だから結婚する」のもアリなのでは?
経済力だけで結婚する・しないを判断するのは 必ずしも正しくないのでは?一緒に暮らしたいと思うかどうかがより重要

 
メールフォーム 管理人の体験や考え 女性向けリンク 男性向けリンク カップル向けリンク