高収入の男性でも女性の金銭感覚は気にするそうです

男性は基本ケチ?佐竹悦子さんの記事

前ページからの続きです。

 

(管理人よりおわび:このページで「女性の年齢についても紹介する」としていましたが、女性の年齢については次ページでとりあげます)

 

 

雑誌「週刊女性」の記事から、結婚カウンセラー・佐竹悦子さんの「いい男(高年収)と結婚できる女性」について紹介しています。

 

 

この記事で、佐竹さんは男性の金銭感覚について指摘されています。

 

 

その指摘に、管理人は激しく同意しました。

 

 

「確かにそうだよなぁ!」と、あまりにも男の本音ズバリそのものだったで、ドキッとしたほど。

 

その指摘とはこちら。

 

金銭感覚はうるさいですよ、男の人は。これ覚えておくといいですね。

 

男の人は基本ケチ。

 

大盤振る舞いするような人でも下心があるからやっているだけで、ケチです。費用対効果を常に考えています。

 

反論の余地は全くありません。(笑)

 

 

私もこれまで何度も女性に食事を奢ってきましたが、いずれも下心ありまくりでした。確かに、何かを期待してましたねぇ。

 

(管理人が貧乏なくせに見栄っ張りというのもありますが)

 

 

「費用対効果を常に考えている」という点も、管理人は同意します。

 

男って、デート中でも女性の金銭感覚を意外と見てませんか?私だけ?

 

 

これは年収の高低には関係無いようです。佐竹さんが次のようなエピソードを紹介されています。

 

■年収7億の男性が結婚を断る理由

 

ホスピタリティーがない、お金目当て、僕を愛していない。そのような理由で断ることが多いそう。

 

「時計を買ってあげる」と言ってお店に連れて行ったときに、300万円の時計をねだられたという理由で断った人も。

 

富裕層の男性に欲しいものを聞かれたときは、金銭感覚を試されている?

 

やや極端な例のような気もしますが、高収入の男性でも女性の金銭感覚をシビアに見る人はいる、ということです。

 

(金銭感覚にシビアだからお金持ちになった、とも言えそうですが)

 

佐竹悦子先生の「結婚力」養成講座―相手にプロポーズさせる究極のヒケツ
佐竹悦子先生の「結婚力」養成講座―相手にプロポーズさせる究極のヒケツ

 

私の友人(男性)の話です。

 

 

デートでラブホテルに入り、女性に部屋を選んでもらうことにしました。
代金は数千円〜1万円超までいろいろ。

 

 

女性はその中から一番高い部屋を選びました。

 

いわく、「せっかくなら、一番良い部屋に泊まりたいじゃない!」

 

 

友人は愕然とし、「お前は払わないだろ!」と突っ込みたかったそうですが、その言葉はグッと飲み込みました。

 

 

私も友人も、その恋人も学生時代の話です。お金がありません。

 

 

「ホテル代足りるかな?」と学生時代に何度もヒヤヒヤした経験のある私には、友人の気持ちが痛いほどわかりました。

 

 

ほどなくして友人は、その恋人とは別れてしまいます。

 

 

この話に対しては、感想が分かれるのかもしれません。

 

「選べって言うから選んだの。何が悪いの?」
「だったら最初から女性に選ばせるな」

 

「ホテル代くらいケチケチするな」
「そもそも、ホテルに泊まらなきゃいいだろ」

 

「学生なんだから、男にもお金が無いのは分るはず」
「結婚前に相手の金銭感覚が分かってよかった」

 

「そういう価値観が一致しないと、関係は続かない。別れて正解」

 

・・・などなど。

 

こうしたことに対する反応は、おそらく「フィーリング」「価値観」につながる話なのだと思います。

 

当サイト「フィーリング」に関する記事一覧

 

 

私の友人が「よしよし、せっかくの機会だから、一番高い部屋に泊まろう!」という反応だったら、恋人とフィーリング(価値観)が合って、交際も続いていたのかもしれません。

 

 

このへんは、まさに人それぞれ。

 

 

このページを読んで下さる方の中に、「イイ男」と交際していて、結婚も考えている女性もいらっしゃるでしょう。

 

 

そんな女性は、ぜひ相手の男性の金銭感覚を見極めて下さい。
多くの場合、フィーリング(価値観)の相性に直結します。

 

 

結婚できるかどうかを左右することもあるのではないでしょうか。

 

 

次のページに続きます。

 

このコンテンツは、週刊女性 2015年 12/15 号106〜107ページを参考にしています。

 

 

Amazon 週刊女性 最新号・バックナンバー

 

 

エルシーラブコスメティック

女性が合コンしたい男性の職業は?

ラブリサーチ:知っておきたい、パートナーの「金銭感覚」

恋愛診断:子供ができたら、変化するオトコ診断

 

 

次のページ

 

 

 

 


 


 

コンドームを購入する

LCラブコスメへAmazonへ楽天市場へ

 

「モテ期はあるのか?」「結婚相手を見極めるポイント」など

「彼女をじらすテクニック」「女性を初ホテルに誘う時」など

「色っぽいと言われるには?」「ヒミツの部分のお手入れ」など

「言葉責めはHを盛り上げる?」「キスマークを最も早く消す方法」など

恋愛に対する管理人の考えや情報商材の感想・レビュー

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)7つの特典付きで作りました

 

関連ページ

飯田剛氏 草加大介氏 声のかけ方
飯田剛氏 草加大介氏 女性への声のかけ方のポイント
合コンのポイント 服装や会話 最悪なのは?
合コンで注意するポイント 話題や服装 カラオケなど最悪なのは?
女性の方言とネイル
方言を話す女性は魅力的です 一方でネイルに対しては・・・
女性の胸と浴衣姿
女性の胸の大きさは実は男性はあまり気にしていないのかも?
女性にモテる話し方と相槌の言葉
ゲーリークーパーには女性をものにする相槌を知っていたそうです
女性をデートに誘うには モテない男とは
女性をデートに誘う際の注意点 誘った後にも大事な点が
加藤鷹さん 女性との接し方
加藤鷹さん 女性との接し方 雰囲気が盛り上がってきたら・・・
男性の紳士的なふるまいなど
紳士的な振る舞いと女性とのNGな別れ方
ロンブー淳さんの口説き・恋愛テクなど
女の子のメルアドを聞くには?女性をデートに誘う言葉 おすすめとNG
彼氏の有無判別法 花で告白
花を贈ると告白成功率が30%上昇するそうです 女性が贈られたい花は?産経の記事
女性が熱中しても男性は冷めているもの
女性のタバコ 髪の色 ネイル 過度のダイエットあたりはどうも理解できません
アンジャッシュ渡部さんのナンパ術など
ナンパする際の声のかけ方や誘い方のコツなど
いい奥さん候補と腹黒い女性
男性が女性を「いい奥さんになりそう」「腹黒い」と考えるのは
木嶋佳苗被告が複数男性と交際できたのは
木嶋佳苗被告が複数の男性と交際できたのはなぜか
女性を上手く褒める 感動させる
女性をうまくほめる あるいは感動させるにはどうすればよいのでしょうか
女性が勘違いしていることなど
美人でも許せないこと 女性が勘違いしていることは確かにあります
女性の性格 判断材料
女性の性格や考え方 家事の能力や金銭感覚を見極める材料とは?
いい男(高年収)が結婚相手の女性に求めるもの 性格や容姿
佐竹悦子さんが語る 高年収男性が結婚相手の女性に望むこととは 女性自身の記事より
30代以上の女性が高年収の男性と結婚するには 性格や資質 料理は?
「週刊女性」の記事から 30代以上の女性が高年収男性と結婚するには 選ばれる性格や資質

 
メールフォーム 管理人の体験や考え 女性向けリンク 男性向けリンク カップル向けリンク